観光 災害

【1ヶ月】山形県沖の地震 今の現状

投稿日:

久しぶりに暑さが戻ってきた今日。暑さに弱い僕はあまり元気がありません・・・。

 

先月発生した山形県沖を震源とする地震から昨日で1ヶ月が経った。復旧作業がなかなか進んでいないのが現状とのこと。

2019年6月18日22時22分頃、山形県沖でマグニチュード6.7の地震が発生。新潟県村上市で震度6強、山形県鶴岡市で震度6弱を観測した。

また、地震発生から2分後の22時24分、山形県・新潟県、石川県能登に津波注意報を発表。鶴岡で11㎝、秋田・新潟・輪島で8㎝の津波を観測。津波注意報は翌日午前1時2分に解除された。

この地震による人的被害は重傷8人、軽傷33人。建物被害は半壊33棟、一部損壊755棟。

えきねっと びゅう国内ツアー

地震から1ヶ月が経った。補助制度の申請や罹災証明書の発行は進んでいるが、業者が確保できず見積もりが出来ないという被災者もいるとのこと。自治体は地元事業者の情報を被災者に提供し、制度の利用を増やしたい考えである。

ニュースを見ると、屋根にはまだブルーシートがかかっている。これからは台風の時期にもなるため、復旧作業は早急に行う必要がある。

予約キャンセルが相次いだ山形県鶴岡市のあつみ温泉では、1人3000円を割り引くキャンペーンを実施中。他にも多くのキャンペーンを行っていて楽しめそうだ。

 

僕は山形に1回だけ行ったことがある。去年か一昨年の冬に仙山線を利用して山形に向かった。目的は特になかったが、行動範囲を広げてみようという事で、とりあえず山形を目指した。当日は雪は強かったため、山形駅構内をふらふら歩いて少し買い物をして帰ってきた。

山形は新幹線が通っているため、東京からも乗り換え無しで行くことが出来る。ぜひ、山形へ。

-観光, 災害

Copyright© 今を見つめて , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.