自転車

【リベンジ!!】実家まで170km クロスバイクで帰省

投稿日:

 

【本当?】世界一安全な都市は日本の首都・東京 3位は大阪もどうぞ。

 

今月10日、去年のリベンジとして、「アパートから170km先の実家までクロスバイクで帰省」というものを行った。

去年は、午前中の猛暑と午後の雷雨により、残り30kmで断念した。

去年のリベンジとして行った今年。結論から言うと、この記事の通り、リベンジ失敗です・・・。

去年の半分も走っていないが、記録として今回は紹介する。どうぞ。

 

2019年8月10日(土)

午前3時過ぎ。アパートを出発。外はまだ真っ暗。気温が高く、この時間でも蒸し暑かった。

 

午前5時30分。美里町に入った。

出発からここまでの写真は、真っ暗だったためほとんど撮っていない。

本当は松島を通ってきた。日中は渋滞していて混雑しているが、夜は誰もいない。写真を撮りたかったが、真っ暗で何も写らなかったため却下。そもそも、あまり写真を撮っていない・・・。

 

午前6時40分頃。

ちょうど電車が走ってきた。東北本線である。あれに乗って帰りたい。そう思いながら先に進んだ。

この辺りから霧雨が降ってきた。涼しいのは有難かったが、雨が降られると困る。止んで欲しかったが・・・。

 

午前7時10分。JR東北本線田尻駅に到着。

お腹が痛くてここでトイレ(笑)。スッキリしてホームを散策。

誰もいなかった。

しばらくすると、自動放送がなって列車が通過。この区間を快速列車が走っているを初めて知った。

 

午前8時頃。JR東北本線瀬峰駅に到着。

万が一に備えて、出来るだけ線路沿いの道路を走るように心がけていたため、駅に立ち寄ることが多い。雨宿りもできる。

 

午前8時半過ぎ。宮城県登米市の長沼付近に到着。

北の空からゴロゴロと雷の音が聞こえる。雨雲レーダーを見ると、かなり発達した雨雲がこっちに近づいていた。

この先の休憩ポイントまでの距離と雨雲が近づいてくる時間を計算すると、途中で雨にあたってしまう事が分かった。そこで、長沼のほとりにあった施設でしばらく雨宿り。

 

まさかの、ここで2時間も足止めを食らった。この先も雨が続く予報。

雨が小康状態になった午前10時30分頃、とりあえず長沼を出発。しかし数分後に再び雨が・・・。

雨の当たらない道路でしばらく待機。数十分後経っても雨は止まず、仕方なく出発。寒い・・・。

えきねっと びゅう国内ツアー

午前11時50分。コンビニがあったためそこで雨宿り。雨は止む気配がなく、雷の音がすさまじい。

雨雲レーダーを見ると、あと数時間は雨が続く予想になっていた・・・。

 

正午、これ以上の走行は不可能と判断し、断念することを決めた。走行距離は70kmほど・・・。

ちなみに去年はこのくらい走った。

去年もゴールしていないんだけどね(笑)。今年は去年以上に走っていない。

 

こんな感じでクロスバイクで帰省は終了。今年も天気に恵まれなかった。

雨が降っていると、路面状況は悪く、タイヤの溝が無いクロスバイクは危険。雷が鳴っていては話にならない。危険すぎる。

去年も雷雨で断念している。来年は・・・無理だろう・・・。

 

今日は2本投稿している。【本当?】世界一安全な都市は日本の首都・東京 3位は大阪もどうぞ。

-自転車

Copyright© 今を見つめて , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.