自然 自転車 道路

ゴールは160km先の実家!クロスバイクで帰省! その3

更新日:

みなさん、こんばんは。

朝晩は冷え込んできたものの、日中は過ごしやすい気温で紅葉狩りには絶好のの天気が続いています。気温差が大きくなっているので、体調管理には十分お気をつけて。

 

今日は夏休みにアパートから実家まで帰省した様子の第3弾です。その1その2の投稿から時間が経ってしまったので少し振り返りながら紹介します。

『満天☆青空レストラン』でグラスフェッドバターが紹介されました!岩手県岩泉町の【なかほら牧場】

では、さっそく・・・

2018年8月5日(日)午前3時30分 宮城県多賀城市のアパートを出発。

午前6時50分 順調に進み、宮城県登米市に入る。

午前9時 宮城県登米市「道の駅 林林館」を通過。

その2までの紹介は終わり。かなりざっくりとした紹介なので、詳しくはその1その2をご覧ください。

ここまではかなり順調に進むことが出来た。ただ、この日の天気は午後から雷雨。岩手県北部から雨雲が南下しているとの情報も入っていたため先を急いだ。

午前10時、道の駅から1時間が経った。あまりにも坂が急すぎて漕ぐのは限界。クロスバイクを押して前に進んだ。少しひらけたところに出たので1枚パチリ。晴れていたらもっと向こうまで見えたに違いない。下に見える舗装された道路を上ってきた。

どうしようかと思うくらい辛かった。来た道を戻って迂回しようか考えたが、地図を見たら県境まであと少しという事が分かったため、戻らずに先に進むことを決めた。

午前10時20分、岩手県一関市藤沢町に入った。想定としては昼前に岩手県入りすればいいかなと思っていたため、時間的には余裕があったが体力のほうは・・・。

GPSを使用していたこともあってスマホの充電の減りが早かったため、モバイルバッテリーで充電しながら走っていた。スマホ本体が熱を持ってしまいカメラが起動せず、県境で休憩を兼ねてスマホを冷やしていた。

ソーラーチャージャー モバイルバッテリー 大容量急速充電器 25000mah 防水が実現 高輝度LEDライト付き SOS発信 ソーラーパネルを搭載 旅行/キャンプ/ハイキング/登山/地震/災害/旅行/出張/アウトドア活動などの必携品 99% 機種対応 持ち運びに便利 再用ナイロン袋付き 滑り止め

車のすれ違いは厳しいくらい狭い道路で、急カーブ、急勾配が多くあったが、意外と車通りが多かった。何かあったら助けを求めることは出来そうだった。

宮城県登米市側も1枚。

午前11時50分、岩手県一関市の千厩町に入った。

県境付近の坂道でかなり体力を消耗。休憩を何度か取ったが疲れはあまり回復せず・・・。県境からしばらくは下り坂だったため、いちいち止まって写真を撮るという事はしなかった。よって、この先は市境などの看板などしか撮っていない・・・。

この頃、北の空は灰色の雲が覆っていた。休憩の時に雨雲レーダーを見ると、雨雲が確実に近づいていた。雨雲は南下していて自分は北に向かっている。確実に雨に当たるなぁと思いながら先を急いだ。

今日はここまで。次回、完結編です。恐怖を覚える出来事・・・。自然の猛威には叶わない・・・という感じです。

-自然, 自転車, 道路

Copyright© 今を見つめて , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.