実体験 自転車

【検証】実家まで200km 自転車で走り切れるのか? 後編

更新日:

今回は、【検証】実家まで200km 自転車(クロスバイク)で帰省できるの?の後編である。

【検証】実家まで200km 自転車で走り切れるのか? 前編

1 11時20分 宮城県と岩手県の県境

出発してから6時間半ほどが経って岩手県に入った。

昼過ぎに一関か平泉で昼ご飯を計画していたため、良いペースで走っていた。

2 12時10分 岩手県一関市 JR花泉駅

36℃前後の猛烈な暑さに参ってしまい、コンビニを見つける度に店内に入って涼んでいた。

時間だけがどんどん過ぎていき、なかなか前に進むことが出来ない・・・。

そして、膝に違和感が出てきた。それなのに・・・。

3 13時30分 道を間違えて時間ロス

岩手県一関市にあるJR真滝駅に到着。

1時間半近く経っているのに、10km程度しか進んでいない。

なぜかと言うと、道を間違ってしまいUターンをしていたからである。

一関の中心部を目指していると思ったら、気仙沼方面に向かっていた(笑)。

心が折れそうになりながら、さっきまで気持ちよく走っていた下り坂をひたすら上った(笑)。暑さも加わって地獄。

この駅ではトイレの水道で頭から水をかぶって体を冷やした。

暑さと膝の痛みの2つがツラかった。

暑さに関しては、コンビニを見つけては入って涼んでいた。しかし、膝が痛くて自転車の乗り降りに一苦労。

膝が痛すぎて自転車からなかなか降りられなかったり、降りても膝が痛くて思うように歩けなかったり・・・。

4 15時 岩手県一関市 一関遊水地

膝が痛すぎて力が入らない。

店に入って昼ご飯を食べたかったが、予定よりかなり遅れている事を考慮してコンビニで済ませた。

この辺りで、雲行きが徐々に怪しくなってきた。

5 15時40分 世界遺産・平泉

世界遺産の平泉に到着。

土曜日だったが、16時前となると観光客はほとんどいなかった。

遠くで雷の音が聞こえてきた。

6 17時10分 目の前に落雷 1時間以上の雨宿り

「道の駅みずさわ」に到着。

雨雲レーダーを見ると、そろそろ活発な雨雲が来ることが分かった。

走行中に雨にあたるのは嫌だったから、しばらく道の駅で待機。

少しするとパラパラと雨が降ってきた。

雷も激しくなってきて、あっという間に土砂降り。そして、目の前に落雷。

1時間以上も足止めを食らってしまった・・・。

7 19時50分 コンビニ前にいたネコ

18時を過ぎて雨が小康状態になったため、レインウェアを着て先を急いだ。

18時過ぎの時点で、実家まで40km以上残っていた(笑)。

外は暗くなりライトを点灯して走行。

水しぶきで身体はあっという間にびしょ濡れ・・・。

膝は尋常じゃないくらい痛くなって、ひと漕ぎするたびに激痛が走った。あの激痛は何だったんだ?

あまりの痛さでコンビニに寄ったらネコがいた。

8 21時20分 実家に到着

21時20分、予定より大幅に遅れて実家に到着した。

膝が痛すぎて自転車から降りられない、玄関の段差を上がれない、膝を曲げられなくて座れない・・・。到着してからも地獄だった(笑)。

9 走行記録

走行距離:192.8km

平均速度:18.7km/時 最高速度:58.7km/時

獲得標高:1,422m

走行時間:10時間17分 所要時間:16時間29分

10 まとめ

もうやりたくない(笑)。

これ以降、サイクリングをするたびに膝が痛くなるようになってしまった。

ただ、200km近くをクロスバイクで走り切ったことは、いい思い出となった。

という事で・・・

検証結果「クロスバイクで200km走れるが、身体はボロボロになる」

【鬼滅の刃】加藤官房長官「テレビで見た」 興行収入は3日で46億円突破 

-実体験, 自転車

Copyright© 今を見つめて , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.