歴史 災害

【東日本大震災】あれから10年 静かな祈り

投稿日:

東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所の事故から今日で10年。

復興は着実に進んでいるが、福島県を中心に今も全国で4万人以上が避難生活を送っている。

今日までの10年、今日からの10年。何を考え、どう行動するべきなのか考えよう。

1 10年前の今日の出来事

2011年3月11日午後2時46分。

三陸沖でマグニチュード9.0の巨大地震が発生した。

東北や関東の沿岸には、高さ10mを超える津波が押し寄せ、壊滅的な被害を受けた。

これまでに確認された死者・行方不明者は1万8425人、震災関連死を含めた死者・行方不明者は、少なくとも2万2200人に上る。

2 「10年」は区切りなのか

東日本大震災の発生から今日で10年が経った。

「10年」は区切りなのだろうか。

SNSで「10年は区切りではない」という言葉を見掛けた。

被災者や大切な人を亡くした人にとって、「10年」は通過点に過ぎない。

また、復興への関心が薄れたり、支援が減ることへの懸念の声も多い。

長期的な支援を続けていく事も大切。

3 今日の被災地の様子

僕は今日、宮城県仙台市の荒浜地区と名取市の閖上地区に行ってきた。

撮ってきた写真を少しだけ紹介する。

震災遺構の仙台市立荒浜小学校。

仙台市の荒浜海岸。海を見つめる老夫婦。

宮城県名取市の閖上地区にある「名取市東日本大震災慰霊碑」。

4 最後に

今日が誕生日の人、結婚記念日の夫婦、何かお祝い事がある人、おめでとうございます。

今日は「祈りの日」ではあるが、だからといって「お祝いをしてはいけない日」ではない。

人それぞれ、いろんな想いを持って今日を迎えた。

東日本大震災から10年。

あの日を忘れないことが、一番の防災かもしれない。

-歴史, 災害

Copyright© 今を見つめて , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.